フィリピンより日々是好日な暮らしを綴ってマス。写真:子供に大人気、動くジョリビーくんに遭遇した!


by midori-cebu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
さよならふぃりぴん。
今月16日に日本へ帰ることになりました。
2001年6月にこの南の島に着いてから、あっというまに6年が過ぎたなあ。
ここは日本よりもだいぶ時間の流れがゆっくりで、止まってるんじゃないか!?
と思うほどなので、
気づくとすっかり私も年をとり、玉手箱を開けた浦島太郎ちゃんなのでした。
こんな極楽生活も終わりかと思うと非常に残念だし、正直離れたくない~。
でも。でもですよ。
私にはやるべきことがあって、それはまたいずれセブに戻ってくるためなのだ。
なので、日本でしっかりがんばってきます!

今までお世話になった、全ての人たちに心から感謝申し上げます。
ありがとう&サラマット♪

このブログももう書かないと思います。
日本での日記はミクシイでひっそりやろうかな。。
[PR]
# by midori-cebu | 2007-11-10 09:51
ゆうべ、うちの目の前ですごい火事があった。
私は部屋にいて、ベッドでごろんと本を読んでいたら、何か臭い?と思って、カーテンを開けたらそこは一面、火の海でした。。いやはやゴウゴウと燃えてました。
嘘でしょー?!?
それは私から10mくらいしか離れておらず、間にあるのはガラス窓だけ。
部屋がみるみる熱くなっていって、これはヤバイ、絶対ヤバーイ!とパニックになりつつ、これがほんとうに現実なのか?3F(うち2F)に住んでいる友達にとりあえず電話。
私「どうしたらいいんですかー!?」
友達「バッグに貴重品とかつめて!」
と言われたにも関わらず、え何、私の大切なものって何?と思うが何も考えられない状況。
とにかく猫と一緒に避難しなきゃ!と思うけど、猫たちは早々に自分たちでどこかに隠れててとてもカゴに入れて脱出、なんて今からじゃ無理!ごめん私だけ逃げる!
携帯と鍵だけ持って、とりあえず外へ。。
ジリリリリリと緊急サイレン?も発動。
ほどなく消防車も到着して、1時間くらいかなあ消化活動。黒い煙がもくもく出て、すごい有毒ガスの臭いが立ち込めてました。
鎮火して、部屋に戻ると窓ガラス、全部大きくひびが入ってて、カケラが落ちてた。コワイよー。もう少しで窓割れて、火が入って、うちも燃えるとこだったよー。
猫たちもそれぞれ身を隠したところから怯えた様子で出てきた。よかった。ほんと無事でなによりだ。

心配して電話をくれたセブ友達のみなさん。ほんと有難うございました。
おかげ様でヒトリで心細いところを救われました。
まだちょっとショックというか、ぼーっとしたりドキドキしたりしますが、窓を交換したらきっと元気になると思います。

写真とか撮ってる余裕ないね・・。まじで死ぬかと思った。
パスポートと財布くらいは持ってでないとだめだな・・。もうこんなことないことを祈るけど。
[PR]
# by midori-cebu | 2007-08-15 20:49

遠回りはいやだ。

日本に一時帰国することになったのはいいけど、この時期セブー成田の直行便はもはや満席。いろいろ調べてもらって、結局セブ→マニラ→香港→成田というルートになった・・。帰りはマニラなし。
飛行機はフィリピン航空よりキャセイパシフィックの方がもちろんいいのは分かってるけどさ。どうせ乗ってるだけだし、早く着いてくれたほうが嬉しい。朝乗ったら昼着いちゃう、あの楽チンさに慣れてしまうとねえ。

日程は8月24日(23日マニラ泊)~9月7日です。あんまり時間もないかもしれませんが、会ってお茶とかごはんとか酒とか付き合ってくれる人がいたら連絡くださいませ。
ちょうど実家(千葉)は稲刈りシーズンで、人足として働かされる可能性大!の予感。
[PR]
# by midori-cebu | 2007-08-14 19:24

日本映画祭inセブ。

今年もやってまいりました、日本映画祭。
6種類の邦画を無料で上映してくれるなんてウレシイ限りです。
先週の日曜日からはじまって、私はラスト3日間で4本見てきました。

『blue』 
『下妻物語』
『チルソクの夏』
『ホテルハイビスカス』

『この世の外へ クラブ進駐軍』
『命』  下の二つは見てません。

ちょっと感想を、忘れないために。

『blue』は市川実日子と小西真奈美が主演。淡々と話は進んで、2人がキスしたりとかいろいろあるんだけど、基本的に静か~に映像が流れていきます。多分、こういう(けだるい?)感覚ってフィリピン人には理解しにくいかもなあ。つまんなくて途中ででていく人いっぱいいたし。個人的には私は好きです、こういうの。でもまた見たいか?と言われるとノーサンクス。一番リアルだったかな。こんな時期あったなー、こういう気持ち懐かしい、とか忘れてた感情が鮮明に蘇った。市川実日子って奈良美智の描く女の子みないな表情するね。個性的な顔立ちが魅力的です。小西真奈美はやっぱりかわいい~。制服姿が色っぽいわ~。

『下妻物語』おもしろかった・・・。これもまたガールズ映画なんだけど、笑えるしホロリもするし、最高でした。初めから最後までテンポよくしかも凝ってるなーという感じで作りこまれてる。これはまた見たいかも、元気ない時とかに。主演の深田恭子と土屋アンナが超はまり役でかわいいしかっこいいし良かった~。自分の好きなモノを徹底して好きになるっていいね。

『チルソクの夏』青春ってすばらしいねえって話なんだけど・・・フィリピン人「ひゅーひゅー、きゃーきゃー」言い過ぎ!ヒロインの相手役の韓国人の男の子が出るたびに、「キャー」とかいってそれが可笑しい。フィリピン人の反応がおもしろかった。話はうーん、さわやかです。としか言えず、自分では好んで見ないかな。

『ホテルハイビスカス』沖縄を舞台にした小学生の女の子が主役のお話。いいですねー沖縄。あのちょっとフィリピンに似た空気感。これは純粋に楽しめました。元気な子供って見てて気持ちいいもんだ。不思議な妖怪?幽霊とかご先祖とか出てきたり、人間もかなり不思議な人たちばかりだけど、家族っていいなあと思った。明るく生きよう。あ、『ナビィの恋』と同じ監督なんだ。あれも名作だー。
[PR]
# by midori-cebu | 2007-07-30 19:32

カジノとタンゴ。

きのうの夜、マクタンのウォーターフロントの中のカジノで月一回あるダンスのコンテストを見にいった。今月は「アルゼンチンタンゴ」。2組しか出場者もおらず、あんまり盛り上がらなかったかな。もうおばさんというか、おばあさんと言ってもいい感じのマダムがセクシー衣装を着て踊っておりました。優勝者はカジノで使える券とダンスシューズがもらえるらしい。ちなみに先月は「ランバダ」で、それはそれはすごかった・・。キューティーハニーみたいな衣装を着てくねくねと踊って(はっきり言ってきわどい)、大盛況でした。みんなあの衣装はどこで買ってるんだろ?踊らなくてもコスチューム賞みたいなのもあり、それにはいつかキメキメで行って賞もらってみたいわあ。

ボールルームがカジノの中にあり、しばらくヒマだったのでなけなしの500ペソをスロットで賭けてみました。いつものお気に入りの台(妖精のやつ)は韓国人に占領されてて、しかも出が悪そうだったので新しい台(あしかのやつ)に挑戦!うふふ、ちょっと勝ちました、倍になったイエイ。せこいけど、小心者なんであんまり大きくは賭けられない・・。つくづくギャンブラーには向いてないですね。
[PR]
# by midori-cebu | 2007-07-27 12:59

バナワとたっちゃん。

きのう朝シュークリームの配達でグアダルーペへ。ふだんキャピトルより向こうがわってあんまり行く機会ないので、景色が新鮮です。で、ついでなので前から気になっていたバナワのアルセナス?アーケードとやらに行ってきました。目的はスタバ。そんなに大きくはない店舗だけど2階もあって、2階のテラス席は風も通り、ウッドなチェアとテーブルで居心地よかったです。新作のvery berry muffinを食べました。うーん、味は普通。70ペソはちょっと高いんでないの?
ちなみにアーケードの他の店舗はルスタンスのスーパーマーケットがあり、ジョリビーとかレッドムーン(中華)とかサワディースパとか來來軒などチェーン系のお店が並んでました。クロスロードに昔からあるLa mariaというカフェもできており、けっこうお洒落な感じでよさそう。今度行きたいです。

目の前にアメリカのコールセンターがありました。セブ(フィリピン?)におけるコールセンターの乱立ぶりには目をみはりますね。やはり人気の就職先なのか、大学にもコールセンターへ就職するためのコースとかできてるし。アメリカからの電話がはるか海の向こうにかかってきて対応できるなんてスゴイ話だ。フィリピン人の英語ができる強みだよなー。日本のお問い合わせセンターなんて日本以外で絶対できないよね・・・。

午後。車で通りがかりにとあるお店の前に見覚えのある物体が。んーカーネルおじさん?いや違う。たっちゃんだ。梅宮たつおのたっちゃん漬けのお店に立ってた赤いエプロンつけたやつ。もう潰れたの?なんでセブのこんなとこに。しかもステーキやさんの前に。どこで売ってたんだろ・・。ちょっとおもしろい再会でした。写真アップできたらよかったんだけど。場所はゴロルドからエスカリオに曲がるときにショートカットする道です。
[PR]
# by midori-cebu | 2007-07-26 18:14

外だし。

気がついたら、筆ならずキーボード不精になり随分たっちゃった・・・。
相変わらずセブでのらくらと生きてます。
最近では私はマニラ行ったり、新潟では地震があったりしてねえ。
いろいろありますよ。でもさ、なんか何も書く気がしないのは何故!?
毎日パソコンでメール見て、株価チェックして、ミクシィ見て終わり。

さらに7月は乱気(水星人+)だからか、いいことまるでなし。
朝起きてベッドからおりたらチャプ?部屋中、水浸しだったりとか。
種まいて育ててたハーブの芽が全滅したりとか。
ヨーグルトを買いにいっても無糖のプレーンが売ってなかったり。
あ、おかげ様で無塩バターは入荷されましたデス。

今週は参議院選挙なんですね。海外にいる人は在外選挙という方法で投票できるんですね。不在者投票みたく、ちょっと前からの期間に。でも、事前に領事館に登録してないとダメみたいです。私は今ちょうど住民票が日本にあるからできないけど。そんでひょんなことから在外選挙のお手伝いというか、受付のバイトしてきました。2日半だけ。結論、ひまでした。

sanjiのシュークリームもぼちぼちと作ってますよ。
ちょうどよい塩梅(=not busy)で注文をいただいてます。ありがとうございます!
アウトプットの重要性を感じつつ、こんな駄文で失礼をば。

て誰に言ってんだか。。
[PR]
# by midori-cebu | 2007-07-24 22:34

これがないと。。

最近ロビンソンに行っても、カントリーモールに行っても(近所の2大よく使うスーパー)、ないんですよ。何がって、無塩バターが!しかもマグノリア(ブランド)の。あれがないとシュークリームが作れないやん・・。あるのは有塩か、または倍くらい高いブランドのだったりするんですな。そんなわけで、今日冷蔵庫のストックがなくなるーと危機になり、マクタンのセイブモアでなんとか仕入れました。ちょびっと高かったけど、ひと安心です。このスーパーから何かがなくなると、しばらく手に入らない・・という状態はこっちではよくあるんですが、何でだろ?もしかしてコマメな発注とかしないのかな。
[PR]
# by midori-cebu | 2007-06-05 21:31

忘れるということ。

「FORGET」という言葉を口にしたとき。FOR+GETなんだ、とふと気づいた。「得るために」?忘れるの?辞書をひいたら「離れて+得る」となっていた。ふーん。忘れるってすごいことだ。
たとえば、失恋したときにいつまでも想いをひきずっていたら(=忘れないでいたら)、新しい恋も見つからない。そういうことかな。
「忘却は罪なり」と思ってた。一度会った人のことを忘れているのはかなり後ろめたい。でもさ忘れちゃうくらい、もっとたくさん得ているものがあるのかもしれない。
思い出せないだけで、記憶を本当に忘れちゃうことはないと聞いた。過去は全て脳ミソ(かな?)の中に入っているのだと。
これが今日ぼんやり考えたこと。忘れないように書いとこ。
[PR]
# by midori-cebu | 2007-06-03 23:51

カオハガン島初上陸。

e0054042_19414375.jpgカオハガン島はマクタン島から30分くらいバンカーボートで行ったところにあります。島のオーナーはなんと日本人。すごいですねー島って買えるんですね。オーナーの崎山さんはカオハガンについての著書をたくさん書かれているので、日本からもたくさん旅行者が来られるそうです。私を含め、本を読むと島のファンになる気持ちわかりますのでまだの方はぜひ!手始めに『何もなくて豊かな島』からどうぞ。私はでもこんなに近くに住んでいるのになかなか来るチャンスがなかったんですよね。今回、フィエスタで島の子供たちがミュージカルをするというお話を聞いてやっと訪れることができました!ミュージカルは毎年行われているそうで今年は特に振り付け師の南流石先生が日本からやってきた(ボランティアで)、というビッグニュースもあり、期待は高まります。

島には2時くらいに着き、7時の公演までしばらく時間があったので、海を見ながら何もせずにぼーっとしたり、うとうとしたり、島を案内してもらったり(ゆっくり歩いて1周しても20分くらいの小さな島です)、美味しいごはんをみんなでテーブルを囲んでいただいたりして過ごしました。途中きれいな夕焼けを眺め、暗くなって星がきれいに見えてきたり。

夜7時半になると、星空の下の特設ステージの周りには子供たちがいっぱい。みんな楽しそうです。神様にお祈りから始まり、フィリピン国歌斉唱。そしてショウは大人のチームから始まりました。ビサヤ語なので全部は理解できないのだけど、身振り手振りでなんとなく筋はわかります。見てる人たちはバカウケしてました。次は高校生のチームです。フレンドシップから恋愛、結婚までの流れをテーマにしてました。いやーみんな可愛いです。最後のとりが小学生のチーム。お話もすごく良かったし、歌もダンスも演技もみんな一生懸命なのが伝わる、素晴らしい舞台でした。たくさん練習したんだろうなあ。島の人々、動物の役、海の生物の役、海賊の役、みんなすごくすごく可愛かったです。子供たちの笑顔や純粋さに大切なことをたくさん伝えられた気がします。

母屋に帰ってから、カオハガンキルトをたくさん見せていただきました。カオハガンキルトは島の女性が作っているもので、フリーハンドで独創性が高く、色も南国特有のカラフルさで見てるだけでもすごく楽しいものです。販売もされていて島のひとたちの貴重な現金収入になっています。私もすごーく欲しかった・・・。いつかひとつでも手に入れることができたらいいなあ。今日はとりあえず子供の作った魚の絵の小さい飾りを買いました。

帰りは夜11時過ぎに船に乗り・・・。潮が引いているので遠回りで1時間かかります。真っ暗な中でボートまで手漕ぎの小舟に乗ると、海の下には夜光虫が光ってる。わー初めてみた。きれいです~。そして空には南十字星。星の数が多すぎて、オリオン座がどれかわからないんですよね・・。今日は新月。真夜中にボートで走るのって風にあたって気持ちいいんですね。さっきいた島の情景も何もかも夢の中みたいでした。

カオハガンおすすめですー。
公式ホームページはこちらから→http://www.caohagan.com/
[PR]
# by midori-cebu | 2007-05-19 19:48